育成研修

研修を主力業務とする講師の人というのは少なからずいましたが、自分で「研修講師」と名乗っている人は私の知る限り、私が初めてではないかと思います。 その研修講師ですから、研修はもっとも力を入れている仕事であると言えます。

自分自身はマネジメントと能力評価が自身の研修を支える最大のリソースであると考えていますし、そのリソースを生かした研修の提供をしています。「良いマネージャーは組織の宝であり、その育成は私の使命」は揺るがない信念でもあります。

しかしながら面白いと思うのはこんな私の違った適性を見つけてくれる人がいて、マネジメントでも能力評価でもない研修をご用命いただき、それが太い幹に育つということがあることです。 太い幹に育った最大のコンテンツは「クレーム応対研修」でしょう。 これはマネジメントの研修中にお客さまから別室で「クレームの研修をやってみませんか」とお引き合いをいただき、制作して実施し、磨き上げてロングセラーとなったものです。

「ディベート研修」「交渉力養成研修」などの論理系研修、「目標設定検証研修」「フィードバック研修」などの人事考課お助けシリーズ、「やめさせないマネジメント」「部下との話し方基礎研修」などの対人系研修、これらもご要望に応えてきた結果です。 よいお客さま、よい営業さんに恵まれてきたなあ、と改めて感謝します。

「仕事とは世の中からのご要望に対して自分のやりたいことで応える作業である」とも思います。 今後も、やりたいことを追求しつつ、いただいたご要望に素直に誠実に応えていきたいと考えます。

  • 研修風景
  • 研修風景
オーバルマネージメントにお問い合わせをする